プリント基板やバランサーで業務を簡単にこなす|NEWテクノロジー

グラフ

適量を吐き出す

テクノロジー

工場で食品や電子機器が製造されることで大量生産が可能になり、物の供給がうまくいくようになりました。工業製品には小さな部品や大きな部品、果ては液体や粒子などが使われることもありますが、そんな特殊な形状をしている部品を人間の手で扱うことは不可能に近いです。ディスペンサーは特に液状のものを一定数量吸い上げられるような仕組みをもっている機器で、これがあることで製造がとても便利になりました。ディスペンサーはいろんな用途によって使う形式も異なってくるので気をつけて選ぶべきです。例えばUV接着剤や磁性流体などを吸い上げるのに適したものもありますしピストン方式によって吸い上げるものもあるなど、使う場所や物、採用されている方式によって様々なものがあることが分かります。

ディスペンサーの種類としてはチュービング方式やピストン方式、エアー圧方式などがあります。ディスペンサーがよく使われる場面は液体を吸い上げる作業ですが、この液体は粘土が高粘度になるものと低粘度のものがあります。チュービング方式は低粘度の液体を吸い上げるときによく使われる方式です。吐出量はアナログやタイマーで調節することができるようになっているのです。低粘度のものは液ダレが心配ですが、チュービング方式の機器で液ダレ防止機能がついているものもあるので調べてみると良いです。エアー圧送方式のディスペンサーはペースト状の液体を扱う時に使います。とてもコンパクトに作られているものもあるので、用途によってシステムを変更しシステムアップすることも簡単になります。